読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3 slides

写真を3枚とります

日本大通りのいちょう

横浜 基礎練習

f:id:ShigeakiYazaki:20161126122818j:plain
f:id:ShigeakiYazaki:20161126122236j:plain
f:id:ShigeakiYazaki:20161126123230j:plain

なんかベタに撮ってみたり、狙ってみたり。

Nikon D700 + Ai Nikkor 50mm F1.4S

2016のWEC富士6時間耐久レースを見てきた

モータースポーツ 富士 基礎練習

ひさしぶりに富士スピードウェイにいって、WECっていう耐久レースを見てきた。ルマンで走ってるああいうクルマのアレです。

で、優勝した6号車。トヨタ TS050 Hybrid。あとちょっとで今年のルマン24時間を勝てそうだった悲劇のマッスィーン。

f:id:ShigeakiYazaki:20161015145042j:plain

2.4リッター直噴V6ツインターボに前輪モーターで合計1000馬力という化け物。まあ音はでかいし、加速もおかしいし、よく止まりよく曲がる。白色塗装でテレビや写真ではリアの造形がよくわからなかったが、現地でいろんな光を試しながら写真をとっていたら、ポルシェアウディよりもわりとでっぷりしている感じでした。でもまだ白色塗装にだまされているかも。

しばらくじっくり眺めて、やっぱり縦目のデメキンっぽい感じがこのクルマの特徴って感じがしたので、そういう写真を選んでみました。だとしたらちょっとピント奥だった。ルーフのツライチっぷりは美しい感じ。ハイテックな中身をブツ撮りしまくるとかも楽しいだろうなぁ。あ、東富士が近いからか、現地ファンの声援はだいぶ集めてました。


続いて2位に入ったアウディ6号車。アウディ R18。耐久ファンにはおなじみチームヨーストさんです。

f:id:ShigeakiYazaki:20161015143949j:plain

LMP1なるカテゴリーが登場してからとにかく強かったディーゼルターボでハイブリッドなマッスィーン。テレビではなんだかセダンっぽくみえる瞬間があって、なんでやねんと思っていた。現地でいろんな光を試しながら見てみると、ポルシェトヨタに比べて角張ったルーフと、フロントフェンダー横っ面のヒレのおかげでそうみえるようだと判明。

ほかフロント周りや、コックピット脇の造形などなどは、3ワークスのなかで一番ややこしくてプラモ楽しそう。でもちゃんとつくったら大変そう。顔も完全に悪者でよい。エンジン音はやっぱり低い。ハンドリングはおちついてて、終始へんな動きをしないでたんたんと走れる印象。縁石に乗ったときの動きもマイルドでした。耐久レースはそういうのがいいんだろうな。


最後に3位になったポルシェ1号車。長いことF1でぼくたちを楽しませてくれたウェバーさんの引退レースでした。

f:id:ShigeakiYazaki:20161016131851j:plain

マッスィーンはポルシェ919ハイブリッド。あーもうほんとかっこいい。トヨタアウディにくらべて足がよく動いて、アンダーオーバー自由自在でめっちゃ乗りやすそう。ところが晴れと曇りがいったり来たりの決勝ではだいぶ乗りにくそうで、最終スティントでは低速コーナーでフロント入らなくて苦労してるみたいな動きでした。フロントタイヤ冷えてたかな。

形は最後発のわりにわりとポルシェっぽくて、たとえばノーズの丸みなんかは最近の911を連想しやすいみたいな。2リッターのV4エンジンは意外とうるさい。あとヘアピン立ち上がりなどの中間加速で、1号車だけ異次元加速するときがあって、レンズ振っておいかけるのが大変でした。駆動の制御がかなりいいんじゃないかなー。

主な感想

  • LMP1、現物がサーキットで走ってるのを見たのははじめて。速いし、うるさいし、動きもよくわかるしで最高。とにかく予選のときのポルシェ919ハイブリッドさんがめっちゃ気持ちよさそうで、運転してみたいと思った。いや体力的にだいぶ無理だろうけど。
  • ムキになって正面以外は1/125でがんばってたけど歩留まり悪すぎでつらい。とくにLMP1は加速鋭くて正確に振るのほんとむずい。無理せず1/250で撮るべき。鈴鹿のS字みたいに同じ速度で旋回するみたいなところの1/60より難しく感じた。たんに撮る人が劣化しただけかも。もうちょっと撮り続けないとわからんな。
  • 600mm相当できっちり振るにはもはや一脚必須。手持ちで振れる自信はもうないです。いやがんばろう。練習練習。まあ速いレーシングカーで加速中が一番難しいと思うので、WECは腕試しにちょうどいいと思います。すいててポジション選べるし。飛行機は動き単純だからだいじょうぶじゃないかな…。百里どうしよう。
  • 露出むずい。とくに正面でポルシェの8つ目とかにビカーンって照らされると露出計途惑わされる。まあ昔からそうなのでマニュアルで撮る。とはいえトヨタ白すぎるしアウディ黒すぎる。これもまあ昔からそうだから文句いわない。あと日曜日は曇りと晴れを行き来しすぎ。フィルムだったら泣いてた。ディジタル最高
  • いつものように写真は横4096pxあるので、でかくて高精細なモニタをお持ちの方は写真クリックで拡大表示をお楽しみください。

Nikon D3 + Ai AF-S Nikkor ED 300mm F2.8D(IF) w/TC-20E

【横浜】肉汁あふれるオレに人気のハンバーグ3選

おいしい ハンバーグ 横浜

※タイトルはSERPでのCTRを意識した結果、Rettyっぽくなりました(すいません)

さてハンバーグである。ハンバーグはうまいのでよい。もっとみんな食べるべき。そこで横浜のハンバーグを紹介しよう。どこも3度以上食べてるYO!

割ってジュージュー系では日本一ではないか「アラベル」

f:id:ShigeakiYazaki:20160131205101j:plain

俵型やラグビーボール型の生焼けハンバーグを店員さんが割ってジュージューする類いのハンバーグ・エンターテインメントがある。よいエンターテインメントなので、だいたい体験してきた。ソースはやっぱり「さわやか」のオニオンソースが一番だと思うし、最もあっさりしてるのは「フライングガーデン」だとも思う。で、一番パティがうまいのがここ「アラベル」だ。黒毛和牛100%である。

とにかく肉の味がよい。「最初はソースをかけずに塩こしょうだけで」と店内の案内にあるが、ひとくち目は塩も胡椒もなしでよい。そのくらい、よい香りの肉と、甘い牛脂が素晴らしいのである。たぶん部位的な意味でのブレンドと、入れる牛脂が絶妙なのだ。火加減はいつも完璧で、それがいい肉の香りとうまみ、コクを完全に引き出す。結果、大トロクラスの幸せさが爆発する。

ソースは4種類くらいから選べるが、これは重要ではない。どうしてもという場合はドミグラスを選ぶといいだろう。トッピングもある。おすすめは目玉焼きだ。パティに軽く岩塩を振り、目玉焼きの黄身に、黄身だけにちょいとつけて食べる。これが完全なソースである。アクセスは横浜駅からだいぶ徒歩。バスもある。遠いから行かないたぐいの店ではない。食べたかったら行くべきのたぐいの店である。

retty.me

ちなみに今日食べた黒毛和牛は岩手県産だそうです。もしかして日本一じゃないかと思いました。といいつつ、「この肉はこないだの肉とはちがう肉」的な味のブレもあるような気がして、それも楽しいです。だいたい行くたびにうまくなってる気がします。

こういう正解もあるのだ「レストラン シン」

f:id:ShigeakiYazaki:20160123135014j:plain

「和風ハンバーグ」だが、見た目も味もあんまり和風要素はあんまりない。そんなこととは無関係にうまいので紹介する。ひとことでいうと「ハンバーグにかけたらすごいうまそうなソースをハンバーグにかけた料理」である。

パティは合い挽きで、肉の素直なうまさをクリアに感じる。塩加減はひかえめで、胡椒とナツメグ、タマネギのさわやかさがスッキリ効いている。よくできたふつうのハンバーグである。そこにかかるソースが意味不明にすごい。パルメザンチーズ、醤油か味噌、白ワイン、なにか酢、バターあたりまではわかるが、よくわからない。とにかくうまい。最初のひとくちを食べた瞬間からごはんが加速する。口内混合幸せである。おしんことみそしるもついてくるので結果として和風なのだ。これでいいのだ。

ガルニも見た目をうらぎらず、野菜はちゃんと野菜のいい味がするように調理されていて、はし休めとしての性能が極めて高い。チキンソテーもうまいらしいのだが、いくと和風ハンバーグを結局オーダーしてしまう。

retty.me

店内も明るくて雰囲気よいです。アクセスはとにかくしんどいですが駐車場はあります。バス停目の前。横浜市電保存館が近くにあるのでセットでめぐるのもいいでしょう。営業日注意です。電話してからいったほうがいいと思います。

やっぱりはずせない「ハングリータイガー

f:id:ShigeakiYazaki:20160124151219j:plain

1969年創業である。子どものころ、親につれられていってドキドキした覚えがある。だいぶグルメだった祖父といっしょに食べたとき「これうめえな」っといっていた記憶があったりする。そんなこんなで30年以上食べ続けている。いろいろ大変そうなときもあったし、おいしくなくなったと感じたときもあった。ここ3年くらいは安定しておいしいと思う。そこで横浜市民の高級ソウルフードであるこれを紹介するのだ。

パティは昔ながらの牛肉100%の味。外国産肉の食べ方としては「上手」としかいえない。都内ハンバーガー店によくあるような、牛脂のコクで押し切るわけでもなく、かといってうまみを押し出すためにスネ肉を混ぜすぎるようなこともない。上手なのである。で、ソースがうまい。ドミグラスジャンルだが、肉のフォン、野菜のうまみ、赤ワインといったどまんなかの味がちゃんとしている。後付け感があるトロミもよい。

付け合わせは比較的普通。横浜市民からは「タマネギがおいしくない」という感想がよくよせられがちだが、これは肉といっしょに食べるのが正しい。この炒めタマネギをパティにオンして食べるとうまさが1.3倍くらいになる。トッピングはチーズがおすすめ。国産でない牛脂には高級牛由来脂肪であるチーズがよい。なお、ぼくの好みからするといつも胡椒がよわい(たぶんお子様対応)。なので、胡椒足しながら食べるべき。

hungrytiger.co.jp

週末の夜はだいぶ混雑します。どれか1ヶ所行くなら、やっぱり横浜新道から看板が見えるあの本店が雰囲気よいと思います。

ハンバーグはうまいのでよいですね。

Nikon D700 + AF-S Zoom Nikkor 24~85mm F3.5~4.5G(IF)