読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3 slides

写真を3枚とります

横浜「野毛おでん」でしみしみ大会を楽しむ

おいしい 横浜 おでん

そろそろおでんの季節ですね。横浜野毛の老舗「野毛おでん」に行きました。


必ず頼むべきなのがこちら。「ふくろ」「だいこん」「たまご」です。
f:id:ShigeakiYazaki:20151121201701j:plain
スターターはだいこん。しみしみで、絶妙なとろとろ具合です。野菜の甘みと食感がよくあいます。

続いてふくろ。中身はひき肉、野菜各種、糸こんにゃくなどです。肉なのか野菜なのか豆なのか魚貝なのか出汁なのかよくわかんないまま渾然一体となって味蕾経由で脳を総攻撃します。もちろんしみしみです。

そしてたまご。ゆでたまごはおいしいものですが、最上級はこれでないかと思います。完熟を通り過ぎた黄身がふたたび出汁をふくんで、飲み込む瞬間に鼻腔に抜ける香りがいっそエクスタシーで強く強くです。


おでんのタネは何が一番好きか、という問いは常にそこにあります。私のこたえは「ごぼう巻」です。
f:id:ShigeakiYazaki:20151121202835j:plain
この野毛おでんにおける“すり身ごぼうレシオ”をご覧いただいております。ポイントは、視覚ではすり身優勢に見えるけれども、口の中では完璧な黄金比率であるあたりです。肉厚なすり身の弾力と味を楽しんでいると、寸法のわりに強力なゴボウの香りがおいかけてきて、噛むたびに幸せがふえていきます。エンドルフィン・ブースター。


最後はしみしみタネを連発して駆け上がっていきましょう。
f:id:ShigeakiYazaki:20151121203558j:plain
「がんもどき」、「厚揚げ」、「キャベツ巻」です。

最初に手を着けたのは厚揚げ。色はもはや「元厚揚げ」といった風合いです。インサイドの豆腐は絹ごしっぽい食感なのですが、出汁の中で火が入るうちに、ゲルの結束はほどかれすがはいることで、出汁を含むしみしみ天国になりかわっています。たまごレス茶碗蒸しソイ風味。

キャベツ巻はいってみればロールキャベツです。ほとんどキャベツで、フレッシュさを感じる豚ひき肉が大さじ1くらい入っています。箸で割ると洋風の香り。食べるとうますぎるしみしみロールキャベツで、よく効くからしがよくあいます。

〆は丸さが美しいがんもどきです。豆腐だったはずが、表面の皮は大豆油の香りがのこり、中の歯ごたえも厚揚げとはまったく異なることで、下手な肉よりよっぽどうまいもどきでした。もちろんしみしみです。

以上しみしみ報告でした。必ず今夜ならすいている気がしてまたずに入れました。おなかいっぱいでほかほか。

おいも活動各位宛て

この店には「じゃがいも」もあります。



Nikon D700 + Ai Micro Nikkor 55mm F2.8S